プログラミングコンテスト2016開催!

  5月31日ウインクあいちにて、プログラミングコンテスト2016が開催されました。
  当日は、富士通ソーシアルアサイエンスラボラトリさんから3名、パナソニックアドバンステクノロジーさんから1名、計4名のゲストを迎え、ご協力のもと、大会は恙無く進行。各学生はこの日のために準備した作品の発想・工夫点などをアピールしました。
  特に優秀なアプリケーションを作成、発表した学生には賞が贈られました。

受賞者一覧

  8つの賞が設けられ、受賞者は7名でした。
  最優秀賞、優秀賞、佳作賞は「カーペット」、パナソニックアドバンステクノロジー賞からは「Panasonic ウェアラブルカメラ HX-A1H」(提供:パナソニックアドバンステクノロジーさん) 富士通SSL賞は「みらいDOORS & 魅惑の武蔵小杉ナイトご招待券」(提供:富士通ソーシアルサイエンスラボラトリさん)がそれぞれ受賞者に送られました。

最優秀賞

丹羽 佑輔

Ameba Tile

佳作賞

岩田 知

AmebaAlbum
コンテンツの配置が自由に変えられ、また共有可能なアルバムアプリケーションを実装しました。

パナソニックアドバンステクノロジー賞

伊藤 栄俊

情報即応型発表支援システム
提供された「AmebaCanvas」ライブラリを独自に改良した「AmebaCanvasA」を製作し、プレゼンテーションなど発表の場で使用できるアプリケーションを開発しました。

富士通SSL賞

松浦 辰雄

AmebaCanvasを用いたアイデアソン・ハッカソン支援システム
複数人で使用し、個々の画面、もしくは大画面のディスプレイを用いて会議を進められるシステムを実装しました。

よく考えましたで賞

荒川 智哉

緊急時病院管理支援システム
従来医療現場で行われてきた、トリアージシステムをもとに「AmebaCanvas」を用いて電子トリアージシステムを開発し、医師・看護師・患者の居場所をリアルタイムで配分できるようなシステムを実装しました。

優秀賞,みんなで共有賞

野原 章弘

端末同期型画像共有アプリ ミンシュウ
PC・スマートフォン間で使用できる画像共有アプリを実装しました。個人端末でPC側の操作を行えます。

ベストアイデア賞


両角 貴弘

天気情報を用いたイベント支援企画アプリ
企画イベントの種類によって、それを行うに適した天候の日付カードと、そのイベントに賛同している人のカードを集め、イベント企画の支援を行うアプリを実装しました。

順位表

得点は、出品者を含む全員各自が規定の評価基準に基づいて16点満点で点数をつけました。下記に示してある点数は、評価者1人あたりからの評価点の平均です。

順位 氏名 得点
1 丹羽 佑輔 13.1
2 野原 章弘 12.9
3 岩田 知 12
4 伊藤 栄俊 11.8
5 渡邊 正人 11.7
5 吉田 圭佑 11.7
7 松浦 辰雄 11.4
8 荒川 智哉 11.3
9 鈴木 智也 11.2
10 藤江 翔太郎 10.6
11 張 翔 10.5
12 坂口 裕也 10.4
13 杉野 恭兵 10.3
14 大部 達也 10.2
15 山添 久稔 10
16 佐藤 綾香 9.67
17 両角 貴弘 9.29
18 鹿田 理央 9.14