全国大会の論文リスト

キーワード      著者      種類     


反転授業における音声明瞭性を考慮した講義映像作成支援システムの開発 download
松浦辰雄, 大囿忠親, 新谷虎松
第16回情報科学技術フォーラム, vol.16, no.4, pp.81-84, 2017.

アプリケーション仮想共有に基づく講習会支援システムの試作
高田智紀, 大囿忠親, 新谷虎松
平成29年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会, vol.(電子版), 2017.

WebRTCを用いた画面共有に基づく講習会支援システムの試作
高田智紀, 大囿忠親, 新谷虎松
第16回情報科学技術フォーラム, vol.16, no.4, pp.233-234, 2017.

評価方法選択支援機能を備えた電子投票システムの試作
籾井祐哉, 大囿忠親, 新谷虎松
第16回情報科学技術フォーラム, vol.16, no.2, pp.285-286, 2017.

電子投票システムにおける投票方式決定支援機能の試作
籾井祐哉, 大囿忠親, 新谷虎松
平成29年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会, vol.(電子版), pp.1, 2017.

書籍データベース上の読書情報に基づく書籍推薦システムの試作 download
岡井義宗, 大囿忠親, 新谷虎松
平成29年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会, vol.(電子版), pp.1, 2017.

日報を利用した雲形コミュニケーションシステムの試作
安藤力哉, 大囿忠親, 新谷虎松
平成29年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会, vol.(電子版), pp.1, 2017.

ユーザの気分を考慮した楽曲推薦のための対話エージェントの試作 download
角田拓己, 大囿忠親, 新谷虎松
第16回情報科学技術フォーラム, vol.16, no.2, pp.229-230, 2017.

ユーザの好みと気分を反映した楽曲推薦システムの試作
角田拓己, 大囿忠親, 新谷虎松
平成29年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会, vol.(電子版), pp.1, 2017.

WebRTC 技術に基づくアプリケーション仮想共有機構の提案
岩田 知, 大囿忠親, 新谷虎松
平成29年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会, vol.(電子版), pp.1, 2017.

雲形メッセージを利用した開口癖矯正支援システムの実現
両角貴弘, 大囿忠親, 新谷虎松
平成29年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会, vol.(電子版), pp.1, 2017.

発表練習支援システムのためのプレゼン映像からの癖除去機構の開発 download
松浦辰雄, 大囿忠親, 新谷虎松
日本ソフトウェア科学会第34回大会, vol.34, no.1, pp.1-7, 2017.

アプリケーション仮想共有における共有管理機構のイ ンタフェース
岩田 知, 大囿忠親, 新谷虎松
日本ソフトウェア科学会第34回大会, vol.34, no.1, pp.1-7, 2017.

実世界型電子付箋システムにおける漂流型情報共有機構について
伊藤栄俊, 大囿忠親, 新谷虎松
日本ソフトウェア科学会第34回大会, vol.34, no.1, pp.1-10, 2017.

複数PCが操作可能なスマートフォンを用いたマウスイベントインタフェースの実現
岩田 知, 大囿忠親, 新谷虎松
情報処理学会第79回全国大会, vol.79, pp.1-2, 2017.

ブレインストーミング事例の再利用のための関連情報推薦機構の試作
伊藤栄俊, 鈴木智也, 丹羽佑輔, 大囿忠親, 新谷虎松
2017年度 人工知能学会全国大会(第31回)講演論文集, vol.31, no.966, pp.1-4, 2017.

Recurrent Neural Networkを用いた抽出型および生成型論文タイトル生成について download
大部達也, 大囿忠親, 新谷虎松
2017年度 人工知能学会全国大会(第31回)講演論文集, vol.31, no.892, pp.1-4, 2017.

自律型掃除ロボットとのインタラクション支援機構の試作
張翔, 大囿忠親, 新谷虎松
情報処理学会第79回全国大会, vol.79, pp.1-2, 2017.

協調編曲におけるコミュニケーション支援のための 同期型楽譜エディタの試作
天野雅也, 大囿忠親, 新谷虎松
情報処理学会第79回全国大会, vol.79, pp.1-2, 2017.

深層学習を用いた論文タイトル生成における未知語処理について download
大部達也, 大囿忠親, 新谷虎松
情報処理学会第79回全国大会, vol.79, no.2, pp.579-580, 2016.