発表中の資料へのフィードバックに基づくインタラクティブプレゼンテーションシステムの実現
An Interactive Presentation System Based on Feedback to a Presentation Material of an Ongoing Presentation
井上良太, 白松俊, 大囿忠親, 新谷虎松

アブストラクト

発表中における発表者と聴衆とのインタラクションを想定したプレゼンテーションに対する支援が 求められている.発表中のフィードバックは,聴衆の理解を支援する反面,発表の妨げになる可能性がある.本研究では,発表中のプレゼンテーション資料上において,発表者および聴衆間のリアルタイムなインタラクションを可能にするための新たなプレゼンテーション支援システムを試作した.本システムにおいて,(1) 発表中のプレゼンテーション資料上でのリアルタイムなフィードバック共有,(2) プレゼンテーション資料へのフィードバックの保存,および (3) 既存プレゼンテーションシステムへのWebブラウザによるフィードバックが可能の3点を実現した.本論文では,本システムにおけるインタラクティブなプレゼンテーションのための要件および実装を示す.さらに,評価実験により本システムの有効性を示す.
Presentation support considering interaction between a presenter and audience in presentations is in great demand. Good feedback from audience helps their understanding of a presentation, however, bad feedback disturbs it. In this study, we developed a new interactive presentation system that enables real-time interaction between a presenter and audience on a presentation material of a presentation in progress. We realized the following three points. 1. Participants can share feedback on a presentation material in real- time. 2. Feedback can be stored in a presentation material directly. 3. Audience can provide feedback by using their Web browser while using an existing presentation system. In this paper, we present requirements and implementation of our interactive presentation support system. Moreover, the result of experimental evaluation showed that our system enables us to make an interactive presentation.
ダウンロード