モーションセンサを利用したプレゼン時の PowerPoint スライドオブジェクト操作環境の実現
Realizing a Presentation Support Mechanism for Manipulating PowerPoint Slide Objects based on a Motion Sensor
塚本正太, 丹羽佑輔, 白松俊, 大囿忠親, 新谷虎松

アブストラクト

本研究では,PowerPoint 上のスライドオブジェクトをジェスチャにより操作可能なプレゼンテー ションツールを実装している.ここでは,モーションセンサとして,Leap Motion を用いることで,両手 を利用可能なプレゼンテーションツールを実現した.さらに,モーションセンサの認識範囲がプレゼン テーションにおける制約となる問題を解消するために,プレゼンテーションに適したモーションセンサの 装着方法について検討した.本稿では,モーションセンサに基づくスライドオブジェクト操作機構,およ びモーションセンサの装着方法について述べる.
We have been developing a presentation support tool based on a slide object manipulation mech- anism using a motion sensor. Our system enables us to use both hands for editing slide objects by using the Leap Motion in the presentation mode of PowerPoint, which can track both hands and fingers. We studied how to equip a motion sensor with a presenter in order not to restrict presentation behavior. This paper shows the implementation of slide object manipulation mechanism based on a motion sensor and a method to equip motion sensor in a presentation.