視線方向に応じた情報通知のためのBluetoothビーコンを利用した身体向き推定機構の実現
Realizing a Direction Estimation System for Notification using Bluetooth Beacons
丹羽佑輔, 白松俊, 大囿忠親, 新谷虎松

アブストラクト

本研究では,デジタルサイネージなどのディスプレイ端末付近にいるユーザの向きに応じて,サイネージに表 示するコンテンツの内容を変えるシステムを試作した.ユーザの向きを推定するために,Bluetooth ビーコンの受信 信号強度を用いる.デジタルサイネージ付近に複数台のビーコン送信機を設置し,ユーザにビーコン受信機を携帯さ せて,受信機で検出したビーコンの受信信号強度により向き推定を行う.ユーザは,人体の向いている方にビーコン 受信機を携帯し,人体をビーコンの電波の遮蔽物として扱う.ユーザの向いている方向から送信されたビーコンの受 信信号強度は,反対の方向から送信されたビーコンよりも強い.これによりユーザの向きの推定を行った.
We have developed a direction strength and an electronic compass. One of examples of the application is a digital signage system. The system can track specific movements of users and can provide Web contents to them, which migrates between signage displays, to the moving users. To track the user, the system estimates the user's position with signal strength of Bluetooth beacons. This paper shows how to develop a novel method with not only Bluetooth beacon but also an electromagnetic compass to estimate the direction. The system can select an appropriate display for a user's eye gaze.