レイヤー型Webコンテンツに基づくインタラクティブプレゼンテーションシステムの開発
Developing an Interactive Presentation System based on Layered Web Contents
井上良太

アブストラクト

プレゼンテーションは,企業での会議や研究機関での進捗報告,講義,セミナーなど様々な場面で実施される.一般的なプレゼンテーションでは,発表者が一方的に聴衆に対して情報提示を行う.聴衆の発表内容に対する理解度の把握や向上を目的として,発表者と聴衆が相互に情報提示を行う,インタラクティブ性のあるプレゼンテーションが注目されている.本研究では,インタラクティブ性のあるプレゼンテーションを実現するための手法,および,プレゼンテーションで得られる知識を共有するプラットフォームを提案する. 多数の聴衆が参加するプレゼンテーションの場合には,プレゼンテーションにおけるインタラクティブ性を実現することが困難となる.聴衆からプレゼンテーション内容に対するフィードバックを収集するためには,フィードバックを表現するための特殊な装置やアプリケーションを準備する必要がある.数百人規模のプレゼンテーションでは,装置やアプリケーションの準備や回収のための作業がユーザの負担となることが問題である.多数の聴衆から大量にフィードバックが投稿された場合,発表者がプレゼンテーション中にフィードバックに対応することが困難となり,フィードバックがプレゼンテーションを阻害することがある.適切に大量のフィードバックを管理し,閲覧できる機構の実現が課題となる.発表者が,発表内容を提示するために使用するプレゼンテーション資料は,発表内容に関する専門的な情報を含むため知識源として価値がある.インタラクティブ性のあるプレゼンテーションでは,プレゼンテーション資料以外に,聴衆からのフィードバックも重要な知識源となる.プレゼンテーションにおけるインタラクションにおいて得られる知識を,公開,共有するためのプラットフォームが必要である. 本研究では,以下に示す4つの点を考慮することで,インタラクティブ性のあるプレゼンテーションにおける知識共有を実現する.1点目は,多数の聴衆の意見を集約して把握するための機能を提供することである.2点目は,多数の聴衆が参加するプレゼンテーションにおいて,簡便にインタラクションを実現する機構を提案することである.3点目は,大量に投稿されるフィードバックを収集し,管理するためのプラットフォームを提案することである.4点目は,プレゼンテーション資料とフィードバックに含まれる知識を,公開し共有するためのコンテンツ作成機構を提案することである.以上,4つの点を考慮したシステムを開発し,実験により本システムの有用性を示した.
Presentations are crucial components of the knowledge sharing in organizations with the purpose of facilitating organizational acquisition and invention. Generally, presenters show information to audience one-sidely in presentations. To promote audience’s grasp on presentations and improve it, an interactive presentation, i.e., a form of presentations that a presenter and an audience perform mutual presentations of information, is proposed. The purpose of this research is to propose a realization approach of the interactive presentation, and to build a platform in which users share knowledge obtained from presentations. When vast audience participate in a presentation, it is hard to realize the interactive presentation. Since specific devices or applications are needed for gathering feedback from audience, preparation and collection works are imposed on the users when giving the interactive presentation. The question is increasing a burden on the users as expanding the scale of a presentation. Additionally, when receiving feedback from audience on a massive scale, it is difficult to respond to feedback, and then feedback hinder the progress of presentations. To deal with a multitude of feedback, a management mechanism of feedback in the interactive presentation is required. A substance of research products or corporate direction is contained and structured in presentations. The structured knowledge, that is coherent contents with each page in a presentation document that includes text, image and graph related to a specific subject, occupies an important role in facilitating knowledge sharing. Moreover, feedback in the interactive presentation is important as one of the structured knowledge of presentations. A platform for publishing and sharing knowledge from the interactive presentation is required. To realize knowledge sharing in the interactive presentation, we are concerned with the following four points. Firstly, our system provides the function supporting the aggregation of the large audience’s opinions. Secondly, we propose the mechanism for perform the interactive presentation easily in large-scale presentations. Thirdly, we aim to improve the management of presentation documents and feedback from audience with the management platform for the interactive presentation. Finally, our approach allows for using the web content management mechanism to publish and share knowledge obtained from the interactive presentation. We developed the interactive presentation system considering four points and the evaluation results indicated the usability of our system.