再利用性を考慮したスライドネットワークに基づくスライド検索システムの開発
Developing a Slide Retrieval System based on a Slide Network Considering Reusability
加藤 雄大

アブストラクト

近年,プレゼンテーションは自分の意思を他者に伝える手段として,会議,学会,講義,セミナーなど幅広く行われている.プレゼンテーションの機会が増えるにつれて,プレゼンテーションの補助資料であるスライドを作成する機会も増えている.スライドにはテキストの他に図形,画像,動画などのコンテンツを含んでおり,スライド作成にはコストがかかる.一般的にスライドの作成コストを削減するために,スライドは再利用される.プレゼンテーションをする機会が多く,スライドを大量に所持しているユーザはスライドを検索する必要になってくる.本研究では,スライド検索のコストを削減することでスライド再利用のコストを削減することを目的とする. スライド検索ではテキストベースの検索は適さない.なぜなら,スライドはテキストの他に,図形,画像,動画などを含んでおり,図形,画像に対するテキストの比重が小さいスライドが存在するためである.例えば,テキストはスライド内のタイトルのみで他は図形を含むスライドや,テキストが全く含まれないなどのスライドがテキストの比重が小さいスライドである.テキストベースの検索ではこれらのスライドを検索するのが困難である. 本研究の目標は,探索的なスライド検索を支援するシステムの開発である.スライドの再利用を目的とするスライド検索において,ユーザの要求に適合するスライドの判断が困難であり,一度の検索ではスライドを発見できない可能性があるため,探索的なスライド検索が必要となる.探索的な検索を実現するために,クエリ種別の拡張,検索結果の拡張,スライド検索に特化したインタフェースの導入を行う.クエリ種別の拡張では,ユーザにテキスト以外の図形や発表イベントのクエリ種別を提供する.検索結果の拡張では,検索結果からさらに検索結果を広げることを行う.拡張した検索結果はスライドの再利用性を考慮してランキングされる.クエリ種別の拡張と検索結果の拡張では,スライド間やスライドとスライドに関連するメタデータをネットワークで表現したスライドネットワークを構築し,使用する.スライド検索に特化したインタフェースでは,検索結果に表示する要素の単位,表示形式,図形を用いたクエリの入力方式を考慮し設計する.スライドの再利用性を考慮したランキングに関する実験を行い,再利用されやすいスライドが上位になることを示し,本手法のランキングの有用性を示した.また,クエリ種別の拡張や検索結果の拡張,インタフェースにより,本検索システムがユーザの探索的なスライド検索を支援することを示す.
Recently people give a presentation as a way to inform others of one's own intention in various scenes such as meetings, conferences, lectures and seminars. As opportunity of presentation is increased, opportunity to create slides which are the supplemental documents is also increased. The slide contains contents such as shapes, images and movies in addition to text and the creation task entails a lot of costs. The slides are generally reused to reduce creation costs. Reusing slides is composed of a finding task and an editing task. It is necessary for a user who has many opportunity of making a presentation and has many slides to retrieve the slides for finding the slides. In this study, we aim to reduce costs of reusing slides by reducing costs of retrieving the slides. Text based retrieval is not suitable for slide retrieval because slides contain contents such as shapes, images and movies in addition to text and there are some slides which contain little text in comparison with shapes and images (e.g. some slides contain a little text and shapes or other's slides contain no text). It is very difficult for text based retrieval to retrieve these slides. Our goal is developing a slide retrieval system supporting exploratory search. In slide retrieval for slide reuse, it is necessary to do an exploratory search because it is difficult for a slide retrieval system to identify relevant slides and it is difficult for users to find the relevant slides with only a search. We expanded the query language and search results, and designed interfaces specific to slide retrieval. The system allows users to use query languages such as shapes and events of presentations in addition to text. The system expands the search results and ranks the slides in the search results in consideration of reusability of the slides. In expansion of query languages and search results, our retrieval system constructs a slide network composed of the slides and metadata associated with the slides. The interfaces are designed considering the units in the search results, the display formats and the input method using the shapes.