Bluetoothビーコンを用いた居場所情報に基づく見守り支援システムの試作
A Remote Elder Care Support System using Position Information on Bluetooth Beacons
杉野恭兵, 片山真也, 丹羽佑輔, 白松俊, 大囿忠親, 新谷虎松

アブストラクト

メンバ間での居場所情報の利用は効率的なコミュニケーションに有効である.本研究では,Bluetoothビーコンを用いて居場所情報を可視化することにより,メンバの位置・行動を管理することを目標とする.本研究では,Bluetoothビーコン端末上の各種センサを利用した見守り支援システムを開発した.本システムの特筆すべき点は,ユーザがBluetoothビーコン端末を携帯すること無く,居場所情報を収集可能な点である.これにより,メンバ間のコミュニケーションの効率化および認知症患者の反復行為の防止を可能にする見守り支援システムが実現可能になった.
Using position information among members is useful for efficient communication. We aim for managing member’s position and behavior by visualizing position information using Bluetooth beacons. We developed a system visualizing member positions using various sensors on the Bluetooth beacon devices. We can achieve efficient communication and surveillance for elder care by using our positioning system based on Bluetooth beacons.