既存プレゼン用スライドの操作情報付き動画変換に基づくWeb コンテンツ化について
Making Web Contents based on Slide Movies with Manipulating Information Generated by Existing Presentation Slides
丹羽佑輔, 白松俊, 大囿忠親, 新谷虎松

アブストラクト

本研究では,既存のプレゼンテーションスライドをWeb上で表示/操作可能にするための手法を実現した.ここでは,アニメーションを含むプレゼンテーション資料上の視覚効果を再現しつつ,Web上でのページ毎のスライド移動を実現するために,プレゼンテーション資料を操作情報付きの動画ファイルに変換するシステムを実装した. これにより,既存のHTML5対応Webブラウザを利用して,プラグインを必要とせず効果的なプレゼンが可能になる.応用として,Webコンテンツ化スライドをHTMLスニペットとして既存のWebページへ貼りこむことが可能であり,迅速な情報発信が可能になる.また,Webサイネージシステムの魅力的なコンテンツとして再利用可能である.
The system we developed enables you to convert a presentation slide with animation effects into a web-friendly video. The video has control data consisting of timings when a slide or animation is shown and the slide number. The Web Presentation Player implemented by HTML5 and JavaScript plays the video and pause automatically using the control data. By utilizing the HTML snippet code for a web-friendly video, a user can publish his/her presentation slides more easily on a Web page. The video can be effectively used for realizing web signage contents.