即応的プレゼンテーションのためのPowerPointスライドオブジェクト操作機構の実現
Realizing a Mechanism for Manipulating PowerPoint Slide Objects for Reactive Presentations
山田裕之, 丹羽佑輔, 白松俊, 大囿忠親, 新谷虎松

アブストラクト

本研究では,発表時の状況や未知のコンテキストにも即応可能なプレゼンテーションのために, スライドショー中でもPowerPoint上でスライドオブジェクトを操作可能にする システムを実現した.発表会場,時間,目的,機材,発表者および聴講者の状態といったコンテキストに加えて, 聴講者からの予測困難な質問対応,不意の説明対応といった未知のコンテキストに対応するためには, 聴講者の注意の制御に加えて,状況に応じた即応的なスライドの再構成を実現する必要がある. 本稿では,聴講者にとって低負担,かつ発表者にとって聴講者の注意を適切な誘導を目的として,アニメーション やエフェクトによる外発性注意を利用するためのスライドオブジェクト操作機構について説明する.
In this research, we realized the system that provides to manipulate slide objects at the time of the the slide show of PowerPoint so as to do presentation in accordance with the context and the unknown context. In this paper, with the context such as place, time, purpose, presenter and listener, and unknown context such as unexpected questions, we need to realize reconstructive slides in accordance those context reactively. In this paper, we describe the function of manipulating slide objects in order to use exogenous attentions of animations and effects for listeners to reduce extraneous cognitive load and for presenter to engage listeners' attentions properly.