クラウド環境を利用した既存Webページ協調編集機構の開発
Development of a Real-Time Collaborative Mechanism for Web Pages based on a Cloud Computing Environment
井上良太

アブストラクト

本研究室では,既存Web ページのための協調編集機構WFE の開発を行なってきた.WFE では,Web サーバにシステムを導入することで,Web サーバ上の既存Web ページに更新機構を適用し,Web ブラウザ上で編集することを可能にしている.本論文では,WFEをクラウド環境に適用する実装手法とその利点,および,編集箇所の差分情報を使用した同期手法について述べる.クラウド環境を使用して再構築したシステムをWFE-S と呼ぶ.WFE-S では,プッシュ配信機構を利用した編集情報の通知を行い,編集箇所の差分情報のみで同期を行う差分更新機構によるデータ量の削減を図ることで,クライアントにおける編集内容同期時のレスポンスの誤差を改善している.実験を行うことで,クライアント間での同期のタイミングのばらつきが改善されたことを確認した.さらに,クラウド環境を使用したことで,システムのスケーラビリティや管理の煩雑さが改善されることが期待できる.また,システムの導入を容易にするブックマークレットを実装した.WFE-S では,ブックマークレットを編集対象のWeb ページ上で呼び出すだけで,クラウド環境上にワークスペースを生成し,協調編集を開始することを可能にしている.