ユーザの観点に基づくイベント系列化を用いた Web ニュース記事閲覧支援システムの実装
Implementing a News Browsing Support System based on Interactive Event Tracking
平田紀史, 白松俊, 大囿忠親, 新谷虎松

アブストラクト

本論文ではイベント系列化によってWeb上のニュース記事の理解を支援するシステムを提案する. 記事の理解のためには,背景知識や記事の詳細,単語の意味に着目することが必要である. 本論文の目的は,イベント系列の提示によって,ニュース記事の背景の理解を補助することである. イベント系列は,関連するイベントをグラフ構造に表したものである. 関連イベントの提示は,記事の理解の補助になる. そして,ユーザの観点はそれぞれ異なるため,ユーザの観点を考慮したイベント系列化は記事の理解に必要である. ユーザの観点に基づくイベント系列化は,システムによる関連イベントの抽出と,ユーザによるイベントの選択の繰り返しによって実現される. 目的のために,ユーザの興味の反映と処理時間の短縮をは重要な点である. 興味の反映のために,ユーザによるイベント選択とシステムによる関連イベントの提示によるインタラクションを行う. また,処理時間の短縮のために,ユーザの選択によって,処理対象とする記事を限定する手法と用いる. そして,被験者実験により,提案システムは,実際の記事からイベント系列を取得とユーザの観点に基づいたイベント系列の提示に効果的であることを示した.
We propose a system to offer better understanding of news articles on the Web by arranging events. To understand an article, it is necessary to consider background knowledge, details of the article, and meaning of the words. We aim to provide with a better understanding of news articles according to news articles’ background by event arrangement. An event arrangement is a graph of related events. We believe that it is difficult to read and understand a topic without knowledge of related events. Arranging events by considering user’s interests is necessary to support understanding of the news because each user’s interests are different. The system deals with that issue by interaction between user’s input and the system output. Processing time and user’s interest are important to achieve our goal. The system reduces the processing time by restriction of the processing range using user’s input. Event arrangement according to user interest is realized by iterating over states of event presentation and user selection. The experimental results using actual news articles show that the proposed system is effective to detect useful events for understanding news articles.