ARパペットに基づく仮想プレゼンターを用いた反転講義用動画作成環境について
Developing a Video Editing System for Flipped Classrooms with Virtual Presenters Based on AR Puppets
片岡瞳, 落合 裕也, 大囿忠親, 新谷虎松

アブストラクト

本研究では,授業と宿題の役割を反転させた授業形態である反転講義のための動画作成支援システムを開発している.ここでは,反転講義用動画へ AR パペットに基づく仮想プレゼンターの導入を試みる.AR パペットは,聴講者である生徒の理解促進や興味維持を目的とした,拡張現実空間内のエージェントである.撮影前の事前準備や撮影後の編集作業の負担を軽減するため,撮影中の講師自身による AR パペットの操作が可能なシステムを検討する.また,講師の動きの制限や,講義の進行への影響が少ない操作方法について検討する.本稿では,AR パペットに基づく仮想プレゼンターを用いた反転講義用動画作成のためのシステムについて述べる.
In this study, we develop a new video editing system for flipped classrooms that uses a virtual presenter with AR (Augmented Reality) technologies. We realize an AR Puppet that is an agent in AR space to help students learn by lecture videos for flipped classrooms. The system enables teachers to interact with the puppet in the lecture videos without effort because they can efficiently operate the puppet on general-purpose devices while delivering their lectures. We explore proper operations of low cognitive load operations on interactions with AR puppets while conducting lectures. This paper describes how to implement the video editing system for flipped classrooms with virtual presenters based on AR puppets.