週報から研究活動情報を構造化するためのLinked Dataの開発
Realizing Linked Data for Structured Research Activity from Weekly Reports
安藤力哉

アブストラクト

研究や発表を行う場において,過去の研究活動情報を参考にしたり,情報の再 利用をする場合が多く存在する.また,情報を再利用する際には,その情報を検 索し,取得することが必要となる.情報検索において,全文検索等の直接検索や, メタデータ等の情報を介する間接検索があるが,直接検索は,必要な情報につい ての理解が必要となる.また,短すぎるクエリは,多くの検索結果を返したり,詳 細なクエリは,検索結果を返さない可能性がある.間接検索の際には,検索の際 に利用するメタデータについての理解が必要である.また,それらについての構 造がなされてない場合は,検索が難しい.そのため,研究活動情報の構造化を行 い,必要な情報の検索を行えるようにすることが求められる.しかし,過去の研究 活動情報について,必要な情報の検索を意識した構造化を行うことは難しい.こ のような問題を解決するために,本研究では,情報間の関係性に着目した構造化 を行う.本研究室では,週報管理システムによって,過去の週報を蓄積してきた. 本研究室における週報とは,1 週間の活動内容やそれに伴う成果,課題等に関する 報告書である.週報には研究活動における情報や,それに伴う論文発表,及びそ の発表に向けての準備期間における各個人の研究活動の情報などが記述されてい る.そのため,週報に含まれる情報を利用することによって,研究活動情報の構 造化を行うことで,過去の研究活動情報の検索を支援する.これにより,検索に よる研究活動情報の閲覧が可能になり,情報の再利用をすることが期待できる. 本研究の目的は,週報と研究活動情報の構造化を行い,研究活動情報の検索を 行い研究活動の支援を行うことである.そのための構造化方法として,週報に関 連する研究活動情報を Linked Data を用いて表現する.これから,Linked Data の 相互運用性により,構造化データの共有や拡張および再利用が容易になる.週報 に含まれる情報として,位置的な情報として週における位置情報,活動場所ごと の活動時間が利用できる.時間的な情報として活動時間の総計,活動時間帯,提 出した時間,学年が利用できる.経験・体験した情報として,学会や研究室イベン ト等の情報,週の活動内容,活動内容に関するキーワードが利用できる.つまり, 週報に含まれるこれらの情報を利用し,Linked Data での構造化を行うことを目的 とする.また,構造化された情報を用いた研究活動情報の検索を目的とし,構造 化データや情報検索の部分に対して,評価,考察を行う.
There are many cases where information on past research activities is referenced or reused in places where research or presentations are conducted. Also, when reusing information, it is necessary to retrieve the information by searching. In information retrieval, there are direct retrieval such as full-text retrieval and indirect retrieval via information such as metadata. With a direct search method, it is necessary to know the query required for search. A short query may return many search results, and a detailed query may return nothing. In an indirect search method, it is necessary to know the metadata used for the search. If the metadata is not defined, it is difficult to search for research activity information. Therefore, it is necessary to be able to structure research activity information and acquire research activity information. However, it is difficult to search for past research activity information and to structure it in consideration of information relevance. In order to solve the problem, the structure is focused on the relationship between information. In our laboratory, weekly reports years are accumulated for over 20 are accumulated by the weekly report management system. The weekly report in our laboratory is an one-week report on activities, results, and issues. The weekly report describes research activity information, related academic conference presentations, and individual research activity information during the preparation period for the presentation. Therefore, the research activity information is structured by using the weekly report, and the search for past research activity information is supported. As a result, it is expected to search for research activity information and reuse the information. The purpose of this research is to support research activities by structuring weekly reports and research activity information and searching for research activity information. As a structured method for this purpose, research activity information related to weekly reports is expressed by Linked Data. Linked Data interoperability makes it easy to share, extend, and reuse structured data. Location information for each week and activity time for each activity location can be used as location information. As time information, you can use the total activity time, activity time zone, submitted time, grade. As activity information, information on academic conferences and laboratory events, weekly activity content, and keywords related to activity content can be used. Using this information included in the weekly report, the purpose is to structure with Linked Data. In addition, for the purpose of retrieval of research activity information using structured information, we will evaluate and consider structured data and information retrieval parts.