研究活動支援エージェントのための週報関連情報の構造化について
On Structuring Weekly Reports and Relevant Information for Research Activity Support Agents
安藤力哉, 大囿忠親, 新谷虎松

アブストラクト

研究活動において,過去の情報を参考にする状況がある.そのような状況において,論文や図書等を参考にする場合が,多く存在する.そこで,本研究では,研究に関連する研究活動情報(週報,イベント情報,スライド,論文,図書等) を用いて,Linked Data によりネットワークを構築した.構造化されたデータを利用することで学会参加や,研究時期等を考慮した時系列や,研究内容や人物などによる関連性からの情報検索が可能となる.また,研究活動情報の構造化を行うことにより,研究支援エージェント作成の際の情報源として利用することが期待される.