拡張現実を利用したひろがるAR絵本のための教示による演出作成支援機構の開発
Editing Effects by Teaching Using AR Technologies for Making AR Pop-up Picture Books
片岡瞳, 大囿忠親, 新谷虎松

アブストラクト

AR絵本の作成における登場人物の生き生きとした行動を演出することは,重要であるが手間がかかる.例えば,登場人物の6軸の移動/回転に加え,首や手の動きなどのポーズを変化させる必要がある.さらに,複数の登場人物間のやりとりを表現するには,登場人物間で行動を同期させる必要があり,難易度が高い.本研究では,登場人物の行動を人形を用いて実演することで,登場人物の演出を作成するというアプローチにより,これらの問題の解決を試みた.本手法により,座標や向きの情報を入力する必要がないため演出を簡便に作成可能になる.本システムは登録済みの経路を確認しながら教示を実行することで,複数の登場人物間のやりとりを表現するための演出作成が可能である.