拡張現実空間を利用したひろがるAR絵本のための演出作成支援機構の試作
Implementing a Mechanism of Support for Editing Effects on AR Pop-up Picture Books
片岡瞳, 大囿忠親, 新谷虎松

アブストラクト

子どもの読書習慣を確立させるため,幼児の興味を向上させるようなデジタル絵本の制作が多く取り組まれている.本研究では,子どもに読書への興味を持たせることを目的として,拡張現実(AR)技術により拡張現実空間に出現する絵本「ひろがる AR 絵本」を開発している.ひろがる AR 絵本の制作において,制作者は登場する AR オブジェクトに対し,動作などの演出を付与する場合がある.しかし,拡張現実空間における座標や向きの値を入力することは直感的ではなく,プログラミングの知識を持たない制作者にとって困難である.ここでは,このような制作者でも,演出を直感的に作成可能にすることが重要である.本稿では,動作の教示による演出作成支援手法を提案する.
Digital picture books that improve children’s interest are often used to help children get into the reading habits. We have developed a digital picture book with the AR (Augmented Reality) technology. We call the book as the AR pop-up picture book (AR book). The AR technology is used for appearing a digital picture book in an augmented reality space. A creator of an AR book is required to give effects such as motion to characters or objects appeared in the book. The creators have difficulty in programming the effects in the AR space. We propose a new intuitive method to build and edit the effects without programming by teaching the motion. We show how the method can be effectively used to make AR books.