コンテンツ間の位置関係を考慮した話題推定に基づく情報推薦の実現
伊藤栄俊, 大囿忠親, 新谷虎松

アブストラクト

発想支援においてはコンテキストを考慮した情報推薦が求められている.ここでのコンテキストとはコンテンツ間の位置関係である.例えば,ホワイトボードなどにアイディアを書き出すような状況では,書かれたコンテンツの表示領域や位置に意味がある.そこで本研究では,アイディア出しにおけるコンテキストとして,既に提示されているコンテンツの配置に着目した話題推定法を提案する.本稿では位置関係を考慮した話題推定を行い,発想を支援するための情報推薦の方法について述べる.類似したアイディアが隣接するほど影響力のあるものとし,現在のアイディア出しにおける話題を推定する.アイディアのもつ要素として,位置情報,大きさ,内容の3点を考慮する.位置情報を考慮した提案モデルと,考慮しなかった情報推薦との結果を比較することで,提案モデルの有効性を検討する.