過去の週報の再利用のための活動記録に基づく週報管理システムの実装
Implementing a Weekly Report Management System Based on Activity Records for Reuse of Past Reports
安藤力哉, 大囿忠親, 新谷虎松

アブストラクト

週報等の報告書が蓄積される一方,これらの有効活用のための技術開発が不十分であり,再利用が容易ではないという問題がある.例えば,本研究では週報管理システムおよび研究活動支援システムにより,学生は,過去の週報や研究活動を閲覧可能である.これらのシステムを用いて,現在の学生が過去の学生の週報を参考にする(週報の再利用と呼ぶ)ことは有益であると考えるが,そのための支援が不十分である.本研究では,週報の再利用における煩雑さを軽減するために,週報管理システムを拡張した.具体的には,1)研究業績からの週報検索機能,2)研究活動の可視化機能,3)年間週報編集・編纂機能,の3点を実現することで,週報の再利用を支援することを目指した.
We have accumulated weekly reports for more than 20 years and we are trying to utilize the reports for students. The aim of this study is to realize a system for weekly report management and research activity support that allows students to view past weekly reports and research activities. This paper shows an implementation of the management system that has three functions: (1) searching reports by research papers, (2) visualizing research activities, and (3) editing annual weekly reports. The system helps users to overview the activities of past students to make their plans.