即応的なネイティブアプリ仮想共有のための共有管理システムの実現
Developing a Management System for Instant Native Application Virtual Sharing
岩田 知, 大囿忠親, 新谷虎松

アブストラクト

PCを用いた協調作業では,ネイティブアプリケーションを共有することで作業の効率化が期待できる.本研究ではWebRTC技術を用いて任意のアプリケーションを低遅延で共有することができる,アプリケーション仮想共有システムを開発した.また,共有開始手続きを円滑に行うための,アプリケーション仮想共有ドングルを実現した.ドングルの挿入をキーとして,アプリケーション共有に必要な手続きを自動化することで,迅速な共有開始を可能とした.また,評価実験により,共有開始に要する時間は,最大でも2,000msであり,本システムが実用的であることを示した.
Sharing native application windows of multiple PCs are demanded to help cooperative works because users can manipulate mixed native windows from different PCs by using their own PCs. However, making composite native applications is time consuming. We have developed an application virtual sharing system with the WebRTC technology. Moreover, we have developed an application virtual sharing dongle for smooth and effective interface. The dongle helps users to share composite native applications easily. The time required to start the application sharing was less than 2,000 ms. This paper shows how the system can be used practically.