協調作業支援のためのアプリケーション仮想共有ドングルの実現
Developing an Application Virtual Sharing Dongle for Supporting Collaborative Works
岩田 知, 大囿忠親, 新谷虎松

アブストラクト

ウィンドウ単位でアプリケーションを共有可能な,アプリケーション仮想共有技術が開発されている.ここで,指定したウィンドウ群を指定した相手と共有するための手続きが(共有開始手続き)煩雑でありその迅速化が課題であった.本研究では,アプリケーション仮想共有ドングルと呼ぶハードウェアに基づく,共有開始手続きの自動化を実現した.本稿では,アプリケーション仮想共有ドングルを自動的に設定するための手続きを示す.アプリケーション仮想共有ドングルを用いることで,ユーザの手間を削減し,迅速な共有開始を実現した.評価実験により,共有開始に要する時間は,最大でも2,000msであり,本システムが実用的であることを示した.
In a cooperative work such as a group work and a conference, it is important for participants to share the same information. In particular, an application sharing system is useful because a user can share only necessary screen information with others. In the case, Reducing the operations and time required to start information sharing for a cooperative work can expect smooth operations. We have developed a smooth and effective interface for supporting a smooth cooperative work using an Application Virtual Sharing Dongle. The time required to start the information sharing was 2,000 ms at the maximum. We show how the system can be used practically and effectively for supporting cooperative works.