協調編曲におけるコミュニケーション支援のための同期 Web型楽譜エディタ
A Synchronous Web Music Score Editor for Communication Support in Cooperative Arrangement
天野雅也, 大囿忠親, 新谷虎松

アブストラクト

特定の楽器に偏った知識を持つユーザ同士の協調編曲は,楽器知識をユーザ同士で補完し合うことで,個人ではできないような楽曲を生み出すのに有用である.音楽には感覚的な要素が多いため,協調編曲を行う際,曖昧な指示が多くなってしまい,ユーザ同士のコミュニケーションが難しい.そこで,本研究では, ユーザ間でリアルタイムに共同編集できるように楽譜内のデータを同期させた,次の 3 つの機能を持つ同期型楽譜エディタの試作を行った.1 つ目は,楽譜エディタ上で対象を指し示すためのポインティング機能,2 つ目は楽曲のイメージを共有するための文書と音声を楽譜上に残すメモ機能,および 3 つ目は,以前の楽譜の状態と現在の楽譜の状態を比較するための楽譜の状態の履歴を保存する機能である.本稿では,3 機能の実装について述べる.
Cooperative arrangement is valuable for creating songs that cannot be composed by individuals because users with biased knowledge on specific musical instruments complement knowledge on various musical instruments each other. However, it is difficult for supporting users to communicate with each other because of ambiguity of communication on music. We are developing a synchronous web music score editor for communication support in cooperative arrangement, which has trhee functions; poiting, memo, and history functions. This paper presents how to implement the functions.