Bluetoothビーコンを用いた近接情報伝播機構の実装とその応用
Implementing an Immediate Information Propagation Mechanism Using Bluetooth Beacons and Its Applications
渡邊正人, 大囿忠親, 新谷虎松

アブストラクト

我々は,Bluetoothビーコン(以下,ビーコン)の特長に着目し,ビーコンに基づく新たなユーザインタフェースの構築を目的としている. ビーコンには,一度発信されたビーコンBによって,ビーコンBを受信した複数のビーコン受信機に,インタラクションが可能であるという特長がある. しかし,ビーコンは2.4GHz帯の電波であるため,人の体やデバイス自身などの障害物によって減衰することがある. そのため,インタラクションするデバイスを,ユーザが適切に選択できない可能性がある. 本研究では,ビーコン発信機と近接したビーコン受信機に,ビーコンの受信と同時にビーコンを発信させる,近接情報伝播機構を開発した.本機構によって,近接したすべてのビーコン受信機が受信したビーコンの,障害物による減衰を軽減できたことを実験で確認した. 本機構をユーザインタフェースに応用することで,物理的に近くにまとまったデバイスとインタラクションが可能である. 本稿では,近接情報伝播機構の実装方法および近接情報伝播機構の応用例について述べる.
We aim to develop a novel user interface based on Bluetooth beacons. The user interface enables all devices in the same space to interact with each others. However, in some situations, human bodies and beacon devices absorb 2.4GHz waves. Bluetooth uses the 2.4GHz band. Users and beacon devices in a detection area can attenuate Bluetooth signals. In this study, we implemented an immediate information propagation mechanism. In the mechanism, a beacon receiver resends beacons sent from a beacon transmitter to the immediate receivers. We observed that the mechanism can reduce problems of the attenuation of Bluetooth signals received by all immediate beacon receivers in experiments. This paper describes the implementation of the mechanism and it's applications.