プライバシーを考慮した複数Bluetoothビーコンを用いたデバイスフリー屋内測位機構の実現
Implementing a Device-free Indoor Localization System using Multiple Bluetooth Beacons in Consideration of Privacy
杉野恭兵, 大囿忠親, 新谷虎松

アブストラクト

ユーザが専用端末を携帯する必要がないデバイスフリー屋内測位(Device Free Localization:DFL)は,高齢者を対象とした遠隔介護支援などに対して有効であるため,注目されている.測位対象者のプライバシーを守るために,カメラ撮影による測位は好ましくない.本研究では,Bluetoothビーコンとよばれる無線通信機器からの受信電波強度(Received Signal Strength Indication:RSSI)を利用したDFLを提案する.Bluetoothビーコンは安価,省電力,設置が容易という利点があるため,複数の機器を広範囲に配置することが可能である.設置したBluetoothビーコンのRSSIの変化から識別器を生成することで,機器の設置環境に依存せず,管理者によるキャリブレーションの必要がないDFLの実現が可能となる.