重畳Webブラウジングにおける視認性改善について
A Method for Improving the Legibility of Overlay Web Browsing
吉田圭佑, 丹羽佑輔, 大囿忠親, 新谷虎松

アブストラクト

PC のデスクトップ画面(以降,単にデスクトップ)上で作業しているアプリケーション上に,参照したい 情報を半透明重畳表示することは,無駄な視線移動およびウィンドウ操作の減少による作業効率の改善が見込まれる.しかし,半透明重畳表示では,参照したい情報および作業しているアプリケーションの情報の,文字の重なりや配色などによって,視認性が悪化するという問題がある.本研究では,参照したい情報の半透明重畳表示における視認性の改善を目的とした.重畳Web ブラウジングは,視認性の改善手法として,参照したい情報の切り抜きである透明Web クリッピングの生成およびフットスイッチによる透明Web クリッピングの操作を行った.重畳Web ブラウジングの,参照したい情報の半透明重畳表示および視認性の改善手法により,ユーザのデスクトップ上での作業効率の改 善が期待できる.
We predict to improve efficiency of PC work with displaying references in overlay and translucent by reducing eyes movement and manipulating windows. Although, displaying references in overlay and translucent has a problem that Deterioration of legibility by the overlapping of characters and the difference in the color scheme. In our study, we purposed improving of the legibility in displaying references in overlay and translucent. We challenged by generating and manipulating Translucent Web Clipping with the foot interface to improve of the legibility. We believe in improving of working efficiency with method of improving of the legibility and displaying with overlay and translucent in Overlay Web Browsing.