利用者の登山経験を考慮した登山計画書作成支援システムについて
A mountaineering plan editing support system considering mountaineering experience
野原章弘, 白松俊, 大囿忠親, 新谷虎松

アブストラクト

登山者の登山技術に適した登山計画を立てることが必要である.既存の計画書や記録をもとに登山計画を 行う場合,自己の登山技術と再利用する登山情報とが対応していることが望まれる.初心者が高難度の山に行くこと は推奨されないが,初心者は自己で難易度を判断することは困難である.登山に関する各種情報に,登山者の熟練度 に関する情報を付与することが好ましいが,その方法は明らかでは無い.本研究では登山計画書を蓄積し,登山者の 熟練度を考慮した計画書の検索を可能とすることを目的としたシステムを試作した.具体的には,蓄積した登山計画 をもとに登山者の熟練度に関する情報を蓄積することを目指した.
Mountaineers should make mountaineering plans considering their mountaineering experience. In this study, we aim to develop a support system for a beginner to know the appropriate difficulty of mountaineer- ing plans. One of the issues to study is how to represent mountaineer’s experience on a mountaineering plan as machine-readable data. This paper show a system that accumulates mountaineering plans and searches them considering mountaineering experience. Specifically, we aimed to extract information about mountaineer’s experience from the accumulated plans.
ダウンロード